文字サイズ

東洋王者清水、アウトボクサーへの変身宣言 ロングパンチKOだ!

 記者会見でポーズをとる八重樫東(左)と東洋太平洋フェザー級王者の清水聡
1枚拡大

 ボクシングの元世界3階級王者・八重樫東(34)が3月26日、東京・後楽園ホールのスーパーフライ級10回戦で再起戦を行うと10日、所属する大橋ジムが横浜市内で発表した。メインイベントは12年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者・清水聡(31)がV2戦を行う。

 清水はプロ転向後5戦全KO勝ちだが、長いリーチを生かし切れていない。「体のバランスがよくなってきた。次はロングパンチでいって倒したい」と、アウトボクサーへの変身を宣言した。長く在籍したアマボクシング界では、東京五輪での競技除外を示唆される事態になっている。「僕も五輪で人生が変わった。後輩たちも一生懸命やっている。東京でもぜひやってほしい」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス