文字サイズ

日本ライト級王者・吉野が衝撃の1回TKOで初防衛

1回KOで初防衛に成功し、満面の笑みを浮かべる吉野=後楽園ホール
1枚拡大

 「ボクシング・日本ライト級タイトルマッチ」(8日、後楽園ホール)

 王者の吉野修一郎(26)=三迫=が衝撃の1回TKOで初防衛だ。キャリア11年半にして初の王座挑戦だった斉藤正樹(32)=TEAM 10 COUNT=を相手に開始早々、「まさか入ると思わなかった」という右ストレートでアゴを打ち抜き、ダウンを奪う。そこから一気に攻勢に出て、相手陣営のタオル投入を呼んだ。

 アマチュア4冠の吉野はプロでもデビュー7連勝の快進撃だが、今後については「世界より、まずはアジア。とりあえず今年は日本をずっと防衛したい。キャリアを積んでもっと強くなりたい」と冷静。所属ジムの三迫貴志会長も「キャリアは大事。次戦は6月ぐらいに。試合以外にも、海外でトレーニングをさせたい」との考えを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス