文字サイズ

ジェリコが内藤に宣戦布告!SANADAはオカダ絞殺で挑戦アピール

内藤哲也(下)に襲いかかるクリス・ジェリコ
内藤哲也(右)に襲いかかるクリス・ジェリコ=後楽園ホール
内藤哲也(下)に襲いかかるクリス・ジェリコ=後楽園ホール
3枚3枚

 「プロレス・新日本」(5日、後楽園ホール)

 熱狂の東京ドーム大会から一夜明けた聖地は大荒れとなった。WWEの大物クリス・ジェリコが内藤哲也と大乱闘をくり広げて宣戦布告。SANADAはIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカを絞殺して挑戦をアピールした。

 この日はメインイベントで内藤、高橋ヒロム、BUSHI、SANADA、EVIL組とオカダ、外道、ウィル・オスプレイ、後藤洋央紀、YOSHI-HASHI組が激突。最後は内藤がデスティーノでYOSHI-HASHIを料理した。

 試合後も内藤組は大暴れし、オカダを捕らえて集団暴行を加えると、最後はSANADAがSkull Endで絞め落としてしまった。

 前日にオカダに敗れた雪辱を果たした内藤はリング上で締めのアピールを行い、いつものように「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン!」を観衆とともに絶叫。だが、そこに前日にケニー・オメガと熱戦をくり広げた末に敗れたジェリコが現れ、内藤に襲いかかり大乱闘となった。

 ジェリコは内藤にテーブルを投げつけ、外国人の観客と怒鳴り合うなど大荒れ。バックステージに引き上げると、「内藤、せいぜい背後に気をつけろよ。いつオレが来るか。待ってろよ」と不気味に宣戦布告した。

 一方の内藤は「おいおい、どうしたんだよ、クリス・ジェリコさん。なんでそんなに熱くなってんだよ。オレはよく知らないけど、彼は世界的に有名なレスラーなんでしょ」と、人を食ったような表情。「オレのことが気になっちゃったのかな。熱くなってくれるのは構わないよ。でも、そんな彼にはあの言葉を贈りたいね。まさにトランキーロ、あせんなよ」と決めゼリフで挑発した。

 また、ほとんど言葉を発さないSANADAも珍しくコメント。「ジェリコに全部持って行かれたけど、オカダ、次はお前だ」と挑戦をアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス