文字サイズ

世界初挑戦の尾川堅一が決戦の地ラスベガスに到着「テンション上がる」

ラスベガス入りした尾川堅一。後ろの建物がマンダレイ・ベイ(C)TEIKEN
1枚拡大

 「ボクシング・IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦」(9日、ラスベガス)

 世界初挑戦の同級4位、尾川堅一(帝拳)が現地時間3日夕に試合地のラスベガスに到着。そのまま宿泊先のホテルに入り休養した。4日は朝から病院でMRI検査や目の検査などドクター・チェックを行い、ネバダ州コミッションにてライセンスの申請作業をする予定。午後にはジムワークを予定しているという。

 尾川はジムを通じ「ラスベガスにやっと着きました。すぐ近くに(会場の)マンダレイ・ベイも見え、テンションも上がります。明日はメディカルチェックをこなしてジムワークも行います。コンディションをバッチリ整えて、KO勝利間違いなしです。乞うご期待!」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス