文字サイズ

高山善廣、電動車いす練習に奮闘中 あごで操作「半年ぶりに自分の意志で」

高山善廣
1枚拡大

 頸髄完全損傷の重傷で療養中のプロレスラー・高山善廣の公式ブログが関係者によって8日、更新され、電動車いすを自身で操作し、移動をする練習をしていることが明かされた。

 「高山を応援して下さっている皆さまへ」のタイトルで、負傷から約半年が経過しての高山の近況が報告された。「最近の高山は、電動車椅子に乗る練習をしています。手は動かないので、アゴでコントローラーを操作しています」と記され、「最初から上手くて、リハビリの先生にビックリされていました」といったことも紹介されている。

 高山自身も「半年ぶりに自分の意志で動けた」と喜んでいたといい、今後もできることを増やせるようリハビリを続けていくことをうかがわせていた。

 高山は今年5月4日に出場したDDT大阪・豊中大会で首を痛め大阪府内の病院に救急搬送された。9月4日にDDTの高木三四郎社長や、友人の鈴木みのるらが会見を開き、頚髄完全損傷の重傷を負ったことが明かされた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス