文字サイズ

オカダVS内藤!新日本1・4東京Dメイン 発表会見では静かな舌戦

 ベルトを手にポーズを決めるオカダ(左)と挑戦権利証のケースを踏み台にする内藤
1枚拡大

 「プロレス・新日本」(1月4日、東京ドーム)

 10日、都内で、来年1月4日の東京ドーム大会のメインイベントで、王者オカダ・カズチカ(29)に同王座挑戦権利証保持者・内藤哲也(35)が挑戦するIWGPヘビー級選手権を行うと発表した。

 両者が東京ドームで対戦するのは、14年に内藤がオカダに挑戦した同選手権以来だが、ダブルメインイベントの第1試合となる実質的なセミファイナルで行われた。東京ドームの最終試合はオカダは4年連続5度目、内藤は初めて。

 会見では互いに評価しあったものの、内藤がオカダに対して「今は(ブーイングされるのは)『ボクが強すぎるから』と思っておけばいいんじゃないですか」などと、やんわり挑発。だが、オカダも「正直、世界を考えたら内藤さんは物足りないと思う」と指摘するなど、静かな舌戦を繰り広げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス