文字サイズ

内藤が石井にリベンジで権利証死守!「石井には言葉が必要」

IWGP挑戦権利証を保持した内藤哲也
1枚拡大

 「プロレス・新日本」(9日、両国国技館)

 来年1月4日・東京ドーム大会でのIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦が行われ、権利証保持者の内藤哲也が石井智宏を退けて防衛。この日に同王座を防衛したオカダ・カズチカへの挑戦が決定的となった。

 今年のIWGP USヘビー級王座決定トーナメントとG1クライマックスで連敗した石井を挑戦者に指名した内藤。石井が繰り出す雪崩式脳天砕きなどの荒々しい攻めに苦しめられるが、石井のフィニッシュ技垂直落下式脳天砕きを得意のデスティーノで切り返すと、合計3発のデスティーノを見舞い、石井を葬り去った。

 試合後、内藤は「石井は間違いなく力のある選手なのにトップレスラーじゃない。オレと絡んで参考になっただろう」と自画自賛しながら石井を評価。だが、「トップになりたいなら石井、お前には言葉が必要だ。頑固なアイツがオレの言うことを聞くかどうかはともかく」と注文もつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス