文字サイズ

岩佐 TKOで王座奪取 負ければ引退覚悟の一戦! 左カウンターさく裂

 新王者となり、大きく声を上げる岩佐亮佑
1枚拡大

 「ボクシング・IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(13日、エディオンアリーナ大阪)

 日本人対決となったIBF世界スーパーバンタム級王座戦で、挑戦者で同級3位の岩佐亮佑(27)=セレス=が、王者・小国以載(29)=角海老宝石=を6回TKOで破り、2度目の世界挑戦で待望の王座を奪取した。初防衛に失敗した小国は試合後、引退を表明した。

 岩佐が圧倒的な勝利で悲願の世界王座を手にした。1回、いきなり左ストレートをカウンターで決めて最初のダウンを奪うと、2回にも左で2度倒してペースを握った。4、5回は王者の反撃に遭うものの冷静に対応。6回TKOに沈めた。

 「出て来てくれたのでやりやすかった。出てこないものと想定していたので」と、前に出る戦法で来た王者との対戦を振り返った。そして「練習していた」という左のカウンターが決まりまくった。

 2度目の世界挑戦。負ければ引退の覚悟も決めていた。15年6月、敵地でIBF世界バンタム級4位リー・ハスキンス(英国)とのIBF世界バンタム級暫定王座決定戦で6回TKO負けした。「自分を見失って何もできなかった」という敗戦。今回は日本での世界戦。王者の準地元といえ「大阪といっても日本。ホームですよ」とポジティブだった。

 中学2年生の時、セレスジムに入門。セレス小林会長は「自分も2度目の挑戦、階級を上げて世界チャンピオンになった。岩佐も同じなんだよね」とまな弟子の快挙に目を細める。岩佐は「会長のボクシングが世界に通用することを証明できた。これからは世界を舞台に闘いたい」と、目を輝かせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス