文字サイズ

小国以載 青グローブで挑む初防衛「負けている相手、挑戦者の気持ちで」

 グローブチェックをする王者・小国以載
1枚拡大

 「ボクシング・IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(13日、エディオンアリーナ大阪)

 調印式とルールミーティング、前日計量が12日、大阪市内で行われ、4選手とも計量を1回でクリアした。IBF世界スーパーバンタム級王座戦では、王者の小国以載(29)=角海老宝石=が通常は挑戦者が使う青色のグローブを選択した。「(高校時代に)負けている相手なので挑戦者の気持ちで青にしました」と小国。トランクス、シューズとも青色で統一して初防衛戦に臨む。

 一方、挑戦者の岩佐亮佑(27)=セレス=は黄色のグローブを選んだ。「気分で決めた。選ぶ時、明るい気持ちだったんでしょうね」と笑った。小国が挑戦者意識を前面に押し出していることには「チャンピオンなんだから、胸を張ってほしいね」と注文を付けた。

 髪を薄い赤色に染めた小国は「赤い髪にした時はKOで勝っている。明日、そういうつもりではないけど、勝率がいいから」と験を担いだ。地元・赤穂からはバス4台、約200人の応援団が駆けつけるという。地元の英雄、赤穂浪士の大石内蔵助さながら「昼あんどん」を貫き“討ち入り”の準備は万端だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス