文字サイズ

田中恒成「すごいボクシングをしたい」V2達成ならば田口との統一戦も

健闘を誓い合うWBO世界Lフライ級王者の田中恒成(左)とパランポン・CPフレッシュマート=大阪市内のホテル(撮影・持木克友)
計量を終え万全の体制で試合に臨む(左から)挑戦者のパラポン・CPフレッシュマートとWBO世界Lフライ級王者の田中恒成=大阪市内のホテル(撮影・持木克友)
計量するパラポン・CPフレッシュマートを見つめる田中恒成=大阪市内のホテル(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「ボクシング・WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ」(13日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦の調印式、公式計量が12日、大阪市浪速区のホテルで行われ、出場4選手は計量を一発クリアした。セミファイナルに登場するWBO世界ライトフライ級王者・田中恒成(22)=畑中=はリミットの48・9キロ、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=は200グラムアンダーの48・7キロだった。

 2度目の防衛戦に臨む田中は「すごいボクシングをしたい。一番はスピードを見てほしい。節目の10戦目。スピード、テクニック、パワー、今まで練習してきたボクシングを一回まとめて出したい」と自信満々に言い切った。この試合をクリアすればWBA世界同級王者・田口良一(ワタナベ)との王座統一戦に大きく近づく。計量後は、毎試合恒例のサムゲタンを名古屋から届けさせ、体力回復に励む。

 世界初挑戦のパランポンは「緊張もしていない。試合を楽しみたい。ベルトをタイに持って帰りたい」と王座奪取に意欲を見せた。

 試合は日本製ウイニング社の8オンスグローブが使用される。色は田中が赤、パランポンが青。

 【オフィシャル】

 レフェリー=ロベルト・ラミレス(プエルトリコ)

 ジャッジ=ジェラルド・ホワイト(米国)、ホセ・ロベルト・トーレス(プエルトリコ)、ウィリアム・ラーチ(米国)

 立会人=安河内剛(日本)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス