文字サイズ

尚弥帰国「Sフライ級にやり残したことがある」“統一戦”3階級制覇より優先だ

 帰国しチャンピオンベルトを掲げる井上尚弥
1枚拡大

 初の米国での試合に臨み、TKOで6度目の防衛に成功したWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=が11日、成田空港に帰国した。“モンスター”の異名を本場米国でもしっかりと轟かせ「無事チャンピオンとして帰ってこれてホッとしてる。より米国でやりたい気持ちは強くなった」と、充実感を漂わせた。

 注目を集めるのは年末が有力な次戦。ターゲットとしていた元4階級王者のゴンサレス(30)=ニカラグア=が同日のWBC王座戦で衝撃の4回TKO負け。これを受け、井上は階級をバンタムに上げ、3階級制覇を狙う可能性も取りざたされるが、井上自身は「スーパーフライにやり残したことがある。統一戦です。会長にはお願いする」と、言い切った。

 名前を挙げたのは、ゴンサレスを撃破したWBC王者シーサケット(タイ)と、IBF王者アンカハス(フィリピン)の2人。シーサケットは挑戦者決定戦を制したエストラーダ(メキシコ)との対戦が有力で、現実的にはアンカハスとの交渉となる可能性が高い。「スーパーフライはやっても今年いっぱい。早い段階でビッグマッチができるなら(階級を上げず)待ちたい」と、見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス