文字サイズ

岩佐“ギャグ対決”小国に先勝!?予備検診中たたかれたフリ 両選手とも異常なし

 岩佐亮佑(中央)の行動に驚く王者・小国以載(左)
1枚拡大

 「ボクシング・IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(13日、エディオンアリーナ大阪)

 予備検診が11日、大阪市内で行われ、小国、岩佐両選手とも異常なしだった。

 検診中の岩佐が突然「痛ッ!」と後ろにいる小国をにらんだ。何もしていない小国はあ然。頭をたたかれたふりをする、岩佐にしては珍しいパフォーマンスだった。お株を奪われた小国は「ギャグを入れてきてビックリした。なめんなよって」とぶ然とした表情だ。

 一方で、調子を聞かれた小国は「中畑清です」と一言。前DeNA監督の中畑清氏の決めぜりふ「絶好調!」ということだ。これには「いつも通り、おちゃらけた感じでうっとうしいくらい。昔から、高校の時からそうでした」と苦笑いの岩佐。「小国さん、あんまり面白くないから」…。大阪初日は岩佐の“判定勝ち”の様相だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス