文字サイズ

村田諒太が初世界戦計量パス「ほっとしています」 相手と視線も

計量に一発でクリアしガッツポーズを決める村田諒太=東京・ホテルグランドパレス(撮影・開出牧)
計量を一発でクリアした村田諒太=東京・ホテルグランドパレス(撮影・開出牧)
計量をクリアしにらみ合う村田諒太(右)とアッサン・エンダム=東京・ホテルグランドパレス(撮影・開出牧)
3枚3枚

 「ボクシング・WBA世界ミドル級王座決定戦」(20日、有明コロシアム)

 前日計量が19日、都内のホテルで行われた。ロンドン五輪ミドル級金メダリストで、世界初挑戦の村田諒太(31)=帝拳=は72・3キロでパスした。

 トランクス姿で体重計に乗り、体重が読み上げられると両腕でボディービルダーのようにポージング。報道陣にアピールした。「ほっとしています。試合前の一番大きな、最初に越さないといけない壁なので」と安どしていた。

 対戦相手のアッサン・エンダム(33)=フランス=も72・3キロでパスした。計量時に視線を交わす場面もあり、「彼は絞ってきたのかな」と察した村田。「僕の方が大きかったと思います。(髪型も変わっていて)昨日、美容院に行くと言っていました」と冷静に分析した。

 もともと「ビビリ」だというが、「試合の時に開き直って『行くぞ!』とやるタイプなのに、こんなに落ち着いてていいのかな」と感じるぐらい落ち着いているという。はやしているひげも「試合の時は最近はやしているので。ちょっとでも守ってくれる気がしません?」と剃らずに試合に臨むが、「奈良のおばあちゃんに怒られるんです。なんであんなきたない顔で出るんだと」と笑っていた。

 ミドル級のリミットは72・575キロ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス