文字サイズ

大日本・鈴木が岡林撃破でストロング初防衛!関本下した神谷とV2戦へ

岡林(手前)に背骨折りを決める鈴木=横浜文化体育館
岡林裕二(上)にドラゴンスープレックスを決める鈴木秀樹=横浜
2枚2枚

 「プロレス・大日本」(5日、横浜文化体育館)

 BJW認定ストロングヘビー級選手権試合は、王者の鈴木秀樹が岡林裕二の挑戦を退けて初防衛に成功した。

 鈴木は岡林の怪力と腰攻めに苦しめられたが、高いレスリング技術と岡林の利き腕である左腕の集中攻撃で主導権を握る。終盤は鈴木の原爆固め、岡林のラリアットなどが交錯する激しい展開となったが、最後は鈴木が岡林のゴーレムスプラッシュをヒザを立てて撃墜し、新卍固めで力いっぱいに締め上げるとレフェリーが試合をストップした。

 試合後、鈴木は「すごいパワーですね。負けて当たり前だけど、力ではかなわなかった。技を使わないと」と、岡林の怪力に驚嘆。関本大介からの王座奪取に続いて大日本ストロングの2強を撃破したことに「勝ったのはすごく大きいです」と手応えを感じていた。

 そして、この日のタッグ戦で関本を直接下した神谷英慶が挑戦を希望したことを伝え聞くと、「勝ったんですか。それはすごいですね。いいですよ、やりましょう。一番近いところで組んでもらって」とその場で受諾。さらに、今後について「年功序列も変な格もいらないですから、やりたかったら受け付けます。その代わり、ふざけたヤツは挑戦させない。それはどうとらえてもらってもいい」との考えを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス