文字サイズ

計量失格のタパレスTKO勝ち「ベルトは失ったが、モチベーションは失わなかった」

10回、マーロン・タパレス(左)の猛攻を受けダウン寸前の大森将平(撮影・山口登)
3枚

 「ボクシング・WBO世界バンタム級タイトルマッチ」(23日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦のセミファイナルでWBO世界バンタム級タイトルマッチが行われ、同級6位の大森将平(24)=ウォズ=は11回16秒TKOで、前王者のマーロン・タパレス(25)=フィリピン=に敗れた。タパレスは計量に失格しており、王座は空位となった。試合後、大森はあご骨折の疑いがあり、病院に直行した。

 計量失敗で試合前に王座を剥奪されたタパレスだが、リング上では意地を見せた。5回に大森のボディーを受けてダウン寸前に追い込まれたが、ここから反撃。ビッグパンチでダメージを与え、10回には左アッパーカットからの右フックでダウンを奪う。そして11回に連打で仕留めた。

 22日に大阪市内のホテルで行われた公式計量では大森が難なく一発パスしたものの、タパレスがリミットの53・5キロを800グラムオーバー。再計量ではさらに増えて900グラム超過で失格となった。

 「ご飯を食べて、水を飲んで、よく寝て回復した。次のレベルにいくため、勝とうと考えた。ベルトは失ったが、モチベーションは失わなかった」。関係者によると試合前夜に焼き肉を食べて胃けいれんを起こし、点滴治療を受けている。それでも当日は61・1キロまで増量し、コンディショニングのミスを感じさせないパワフルなボクシングを展開した。

 大森とは2015年12月に京都で開催された同級挑戦者決定戦で対戦。タパレスが4度ダウンを奪い、2回TKOで大森にプロ初黒星を付けている。「大森は成長していた。パワーと動きがよくなっていた」と上から目線で評した。

 今後については「階級を上げる」とスーパーバンタム級で戦うことを明言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス