文字サイズ

世界初挑戦の大森将平の相手、王者タパレス「KOを狙っている」

練習を公開した王者マーロン・タパレス
1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界バンタム級タイトルマッチ」(23日、エディオンアリーナ大阪)

 世界初挑戦となる同級6位の大森将平(24)=ウォズ=と初防衛戦を行う王者マーロン・タパレス(25)=フィリピン=が19日、大阪市内で練習を公開した。

 大森とは15年12月にWBO世界バンタム級指名挑戦者決定戦で2回TKO勝ちして以来の再戦。王者は「今回の方が簡単。KOを狙っているし、ベルトを守りに来た。大森も強くなっているが自分よりは強くない」と自信満々に言い放った。

 タパレスにとっては16年7月に王座を獲得して以来約9カ月ぶりの試合となるが、大森との前回対戦も約10カ月ぶりだったこともあり、「問題ない」と意に介した様子はない。

 体重はリミット(53・5キロ)まで1・4キロ弱といい、練習では軽めのミット打ちなどで汗を流した。視察したウォズジムの大森会長は「パンチも速いしうまい。やりにくい相手」と警戒を強めた。

 陣営には前回同様、元世界2階級王者で川島郭志を破り、徳山昌守と2度の激闘を演じたジェリー・ペニャロサ氏(44)が帯同しているが、この日の練習には姿を現さなかった。関係者によると前回は陣営4人だったが、今回は既に15人が来日。地元メディアや関係者の家族も含め、最終的には約30人の大所帯に膨れあがるという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス