文字サイズ

大森将平、大みそかはノンタイトル戦に変更 相手は元東洋太平洋王者

 ボクシングのウォズジムは13日、大みそか、島津アリーナ京都での初世界挑戦が中止になった元日本バンタム級王者・大森将平(23)が相手を元東洋太平洋フライ級王者・ロッキー・フェンテス(30)=フィリピン=に変更し、ノンタイトル8回戦を行うことを発表した。挑戦予定だったIBF世界同級王者リー・ハスキンス(33)=英国=が足の負傷のため試合を拒否し、急きょ代役を探していた。

 WBO世界バンタム級王者・マーロン・タパレス(24)=フィリピン=にオファーをかけ交渉したが、合意には至らなかった。

 フェンテスの戦績は35勝(20KO)8敗2分け。2度の世界戦経験があり14年には軽量級最強と称される世界4階級王者・ローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=に挑戦した。来年こそ世界奪取を狙う大森は実力者を相手にうっ憤を晴らす。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス