文字サイズ

河野が王座奪取「武藤敬司が出てくるまでベルト封印」

 稲葉大樹(左)にキックを見舞う河野真幸
1枚拡大

 「プロレス・WRESTLE-1」(2日、後楽園ホール)

 河野真幸が稲葉大樹から王座を奪取した。若い力での変革を訴える28歳の王者に異を唱えて挑戦した河野は、長身から繰り出す重いヒザ蹴りでいたぶり、最後はヒザの急降下で粘る稲葉を葬った。

 試合後、河野は「稲葉、お疲れさまでした」と皮肉交じりに王者をねぎらい、次期挑戦者に武藤敬司を要求。だが、なぜか黒潮“イケメン”二郎が現れて、河野は口論の末に挑戦を受諾。さらに、「武藤敬司が出てくるまで(ベルトは)封印」と、武藤戦をあきらめなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス