文字サイズ

飯伏デビュー星飾った 打撃戦制す!

 飯伏幸太(左)はタノムサク鳥羽に回転しながらキックを決める
1枚拡大

 「プロレス・IGF」(29日、エディオンアリーナ大阪)

 2月に新日本とDDTを退団して飯伏プロレス研究所を設立した飯伏幸太がIGFに初参戦。DDT時代にもグローブを着用して何度も殴り合ったキック出身の鳥羽と激しい打撃戦を演じ、5度ダウンしたものの、空中戦を織り交ぜてファンを魅了し、最後はライガーボムで爆殺した。

 試合後はファンに「またこのリングに上がる機会があったら、最強の人と戦いたい」と宣言。「初めてのIGFですが、出せるものは出せた」と充実感をにじませた。

 さらに、IGFの猪木会長とも初対面。張り手で闘魂注入され、「IGFに出た第一の目標を達成できました。気持ち良かったです。これで自分がプロレスラーとしてどう上がっていくか楽しみ」と喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス