文字サイズ

WBA元副会長が亀田側“擁護”

 WBA(世界ボクシング協会)元副会長で国際マッチメーカーのリカルド・リッソ氏(63)が22日、亀田3兄弟が日本ボクシングコミッション(JBC)から受けた国外追放処分に関し、大阪市内で会見した。同氏は亀田一家のアドバイザーで昨年12月3日、処分の要因となったIBF王者・大毅の世界戦でも来日し、試合前日2日のルールミーティングにも参加していた。

 「(負けても防衛を)JBCが知らなかったのはウソ。ミーティングで多くの人が確認し、JBCの2人も同席した。その事実を公表すべきは亀田陣営でなくJBCだった」とJBCを非難した。

 「個人的な意見」としながらも、まるで亀田側の代弁者。処分撤回を求め約1時間熱弁を振るった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス