文字サイズ

わずか6分半、船木3冠V2

 「全日本」(21日、名古屋国際会議場)

 3冠ヘビー級選手権試合は、王者・船木誠勝(43)がゲット・ワイルド(GW)の大森隆男(43)に完勝して2度目の防衛に成功。試合後は大森の相棒・征矢学(27)が挑戦を表明し、征矢の地元である12・11長野大会でのV3戦が決定的になった。

 大森とのタイトル決闘は、6分33秒と短い中にも一切の遊びがない特濃ファイトが展開された。大森のアックスギロチンドライバー、飛龍原爆固め2連発をしのいだ船木がオノ爆弾をかわすと掌底打ちと蹴りで逆転し、ハイブリッドブラスターで完全KOした。

 挑戦を要求した征矢に、船木は「負けたら(GW)解散だ。それで良ければやってやるよ!」と、条件付き受諾。大森を「ベルトが言ってる。『馬場さんが泣いてます、鶴田さんが泣いてます、三沢さんが泣いてます』」と酷評し「あの2人は終わりでいい。足並みがそろってない」と、GWをもぶった切った。

 王者は「彼がチャンピオンになったら自分は全日本にいない。役目は終わったと思って帰ります」と、退団をかけるゆとりすら見せていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス