文字サイズ

【阪神・梅野×狩野氏の新春捕手対談1】「やり返したい」鯉倒で優勝目指す

 阪神の梅野隆太郎捕手(27)がデイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏(36)と新春“捕手”対談し、17年ぶりの最下位に終わった昨季からの逆襲に決意を込めた。自身初のゴールデン・グラブ賞に輝いた手応えと課題。投手陣への熱き思いも盛りだくさん。そして日本シリーズでの“甲斐キャノン”で見えた広島攻略への道など、今季への思いを寄せた。以下は対談その1。

  ◇  ◇

 狩野氏(以下狩野)「とりあえず…梅野、ゴールデン・グラブ賞おめでとう!!」

 梅野「ありがとうございます!!」

 狩野「チームが6位という順位で、ゴールデン・グラブ賞はまさかだけど…でも、梅野以外に他の選手もいなかったもんね」

 梅野「チームの順位を考えたら、どうなのかなっていうのはあったんですけど、自分も可能性はあるかなと思っていました」

 狩野「キャッチャーで守備の称号を得ることはすごいこと。やっぱり守備の評価というのは、うれしいんじゃない?」

 梅野「もちろんです。個人としてやるべきことは、これがベストとは言えないんですけど。シーズン通してたくさんの守備機会をもらった中で、評価してもらえたと思っています」

 狩野「パ・リーグでは、ソフトバンクの甲斐拓也捕手が受賞。『甲斐キャノン』が出てきたけど。対抗心もあるよね?」

 梅野「速さが大事ですよね。捕ることがしっかりできたら、そのままスムーズに投げることには多少は自信あるので。肩の強さもそうですけど、結果的に刺すことができればどんな形でもいい。ワンバウンドでもいいので、なんとか刺せればまた違った数字も出てくると思います」

 狩野「キャッチャー、中堅選手、選手会長…。今年は立場が大変になるよね」

 梅野「広島、補強した巨人。そこが間違いなくトップ予想で、誰もがタイガースを1位に予想するってことはないと思う。だからこそイメージを覆すようなゲームをしていきたい。日本シリーズで甲斐が盗塁を刺したように、広島の足を止められたら、得点力が下がるんだなってすごく感じた試合だったので。そういう防げるところを自分が防いで、攻撃させないことをどんどんバッテリーでやれたらいいなと思う。ピッチャーとキャッチャー、もっとお互いの考えを一致させていけたら、また違った戦いになってくると思うし。やり返したいという気持ちが一番強いので、今年は優勝する、そういうシーズンにしたい」

 (続けて)

 「チームカラーって監督が代わったらガラッと変わると思う。自分たちもいい方向に進めるように。攻撃も守備も、失敗もあるかもしれないですけど、バッテリーで勝っていかないといけないなとすごく思うので。個人的にはチームが勝って、結果タイトルが取れたらという思いですけど、今はただチームを上昇させたいっていう一心ですね」

 狩野「梅野は今年も正捕手の筆頭だけど、昨年は6位。勝てる捕手になるためにも、どうしていきたい?」

 梅野「これまでは信頼してもらえるようにとか言っていたんですけど、ここ2年間マスクをかぶらせてもらえているので、信頼というのはもう当たり前のことだと思っています。6位ということはもちろん責任も感じています。でもうまくいかないからダメではなくて、うまくいかないときに1点差をものにするために、どれだけ粘れるかというのをテーマに掲げていきたい」(2に続く)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      対談最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス