文字サイズ

「エスカレーターは止まって乗る」定着には丁寧な告知を

 ハイヒール・リンゴ
1枚拡大

 時代が変わればマナーも変わる。最近では、エスカレーターは立ち止まって乗ろう、という取り組みが一部で始まっている。これまでは歩く人のために片側を空ける使い方が浸透していたため、戸惑う人もいるかもしれない。ハイヒール・リンゴはこの新しい取り組みを知って、あらためて気付いたこともあるという。

  ◇  ◇

 これまで常識と思っていても、時代の流れと共に変わっていくことってありますね。JR東日本では最近、エスカレーターは立ち止まって乗りましょう、という取り組みを始めたようです。転倒などの危険があるそうです。考えてみればエスカレーターを歩くと、危ないことも多々あります。

 これまで私たちがなじんできたエスカレーターの“暗黙のマナー”は、大阪は左側を空けて立ち、東京は右側を空けて立つというものでした。片側は急いで歩く人のために空けておくのだと。

 でも最近、エスカレーターで立ち止まるようにという呼びかけを耳にするようになり、初めて気付いたことがあります。例えば体が不自由で、ある一定の側にしか立てない人もいるということ。確かに左半身が不自由で右側の手すりしか持てない人は、右側に立ちたいですよね。手すりを持てないと、とても怖い思いをされることでしょう。

 以前、キャリーケースがエスカレーターを転がり落ちていくのを見たことがあります。キャリーケースを持った人がエスカレーターを歩き、何かの拍子に落としてしまったんでしょう。リュックサックを背負った人が片側を歩くと、体が左右に振れた時など横に立っている人にガンガン当たることもあります。

 今まで当然のようにやってきた慣習を変えるのは時間がかかると思いますし、この乗り方を定着させるなら、丁寧に告知をしてほしいと思います。マナーを守り、立ち止まって乗っているのに、歩いている人から「なんやねん、邪魔やな!」と思われたりする人が出ないように。

 急いでいる人は階段を使うように、とも呼びかけられているようですが「エスカレーターの片側は歩く」ということを前提に作られているからか近くに階段がない所もあります。

 だいたい日本人は急ぎすぎていると思います。急がば回れではないですか。「両側に止まって乗る」ことによって運ばれる「人量」は「片側空け」で運ばれる「人量」より多いし、混雑は逆に緩和されるんだとか。「常識は時代と共に変化するもの」だからこそ、マナーの周知徹底をキチンとしてほしいと思います。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    リンゴのつぶやき最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス