文字サイズ

【松本浩彦医師】免疫力を上げる方法は3つ…家に閉じこもりがちでも、心がけひとつで意外に簡単

 このところやたら「免疫アップ」という言葉を見聞きします。具体的にどうすれば良いのかというと、このサプリを飲みなさいとか、商品広告と見紛うものも多く、何が正しいのか迷っておられる方が多いと思います。

 免疫を上げる方法は3つです。(1)腸内細菌を善玉優位にする(2)全身の代謝を上げる(3)自律神経にメリハリをつける。

 善玉菌についてはこれまで何度も触れましたが、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を毎日、食べ続けることです。オススメは納豆。少量で生きたまま腸に届くので、いちばん継続しやすいのですが、菌が死んでしまいますので熱いご飯に混ぜるのはNGです。納豆嫌いの方はヨーグルトかキムチ、これも熱は加えないように。

 代謝といってもいろいろあります。新陳代謝で免疫細胞が常に新しく元気なものに入れ替わってくれることが大切で、これには運動が一番なのですが、今のご時世では難しい。そこで入浴です。熱めのお湯に短時間、いったん低温のシャワーで体を冷やし、また熱い湯に浸かる。これを繰り返すと代謝が上がります。要は汗をかくことです。水分とミネラル補給は忘れずに。

 自律神経とは、交感神経と副交感神経を指します。簡単に言うと「緊張と緩和」です。家の中でダラダラ…は緩和の状態が続き、緊張の連続ではストレスが溜まって、どちらも免疫はガクンと落ちます。在宅ワークでバリバリ仕事しても休む時はしっかり休む。質の良い睡眠時間の確保も重要になります。

 家に閉じこもりながら免疫力を上げるのは、心がけひとつで意外に簡単です。商品名は書きませんが、ビタミンCはタップリと、ビタミンDは適量を毎日摂取することも、確実に免疫アップにつながります。

◆松本 浩彦 芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、日本臍帯プラセンタ学会会長。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ドクター備忘録最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス