文字サイズ

【松本浩彦院長】静止衛星は時速1万800キロの超高速飛行体なんです

静止衛星は超高速で動いているんです(C)Sarunyu_fotoーFotolia
1枚拡大

 今日は医学の話はお休み。いきなり地学の問題です。地球の直径は何万キロでしょう。

 実は地球は少し上下にひしゃげたミカンのような形をしていますので、赤道直径と、南極と北極を結ぶ直径は少し違うのですけど、地球の直径はおよそ1万2740キロとなります。ざっくり、半径で6000キロと覚えておいてください。

 ところで「宇宙」って地上何キロから上を宇宙と定義しているかというと、地上100キロから上空が宇宙になります。ほんの「すぐそこ」です。三宮駅から100キロといえば、直線距離で西は岡山の手前、南は和歌山の御坊、北は舞鶴です。東京と熱海の間も100キロ。

 その距離をそのまま上に向けるとそこから先はもう宇宙です。ものすごく近いでしょう。地球の直径から考えたら、大気圏なんて薄っぺらい膜、卵の殻ていどのもの。そんな薄っぺらい大気圏の中で、われわれ人間はあくせく生活してるんですね。

 さて、みなさんも天気予報でよく耳にされると思いますが、気象衛星「ひまわり」は、地表からどのくらい上空を飛んでいるのでしょうか。答えは3万6千キロ。地球の半径の6倍の衛星軌道を、秒速3000メートルの猛スピードで、24時間かけて地球のまわりを一周します。

 静止衛星と呼ばれていますけど、毎秒3キロで公転しているので、常に日本上空にいる事になるのです。「静止」どころか、時速1万800キロ(マッハ10)の超高速飛行体です。国際線旅客機の巡航速度がマッハ0・8ですので、そのスピードの凄まじさがわかるでしょう。マッハ10の旅客機があれば、ニューヨークでもロンドンでも1時間で行けちゃいます。

 ◆筆者プロフィール 松本浩彦(まつもと・ひろひこ)芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、日本臍帯プラセンタ学会会長。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ドクター備忘録最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス