文字サイズ

日本ハム・吉田輝星が“変化球”を入念キャッチボール ビッグボスにも見て欲しい?

自主トレで伊藤大海投手(手前)とキャッチボールを行い、変化球を投げ込む日本ハム・吉田輝星=10日、鎌ケ谷スタジアム(撮影・開出牧)
伊藤大海投手(手前)と共に自主トレを行い笑顔を見せる日本ハム・吉田輝星=10日、鎌ケ谷スタジアム(撮影・開出牧)
上下黒のトレーニングウエアに身を包み、引き締まった表情でダッシュを繰り返す日本ハム・吉田輝星=10日、鎌ケ谷スタジアム(撮影・開出牧)
3枚

 プロ4年目の日本ハム・吉田輝星投手(21)のキャッチボールに注目した。

 10日、千葉・ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで自主トレを開始。上下黒のトレーニングウエアに身を包み、引き締まった表情でグラウンドに登場。昨シーズン、ルーキーながら10勝を挙げた伊藤大海投手と共にランニング、ダッシュ、そしてキャッチボールを行った。

 目を引いたのは、キャッチボールで多投した変化球だ。落差のあるカーブ、鋭く曲がるスライダー、そして微妙に揺れるチェンジアップ。時折、伸びのあるストレートも投げていたが、ほとんどが変化球だった。肩慣らしのためというよりは、変化球をテーマとしたキャッチボールだ。変化球の精度が上がれば、持ち味の、伸びのあるストレートを生かせる。

 室内練習場でもできるキャッチボールだけに、この日は視察に訪れなかったが新庄ビッグボスに、メディアを通じてアピールしたかったのかもしれない。プロ入り4年目。今年こそ“開花宣言”といきたいところだ。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス