文字サイズ

何度も見たい!カープ新守護神・栗林のガッツポーズ

 オープン戦最後の試合となった21日のソフトバンク戦。1点をリードした九回に新守護神を期待される広島・栗林良吏が登板した。

 先頭の明石にいきなり二塁打を許すも、連続三振を奪って2死までこぎつけた。しかしソフトバンク打線の粘りで満塁のピンチを迎えてしまう。一打逆転の場面で打席に立ったのは周東。フルカウントになり、スタジアムの緊張も高まる。

 両者の意地がぶつかり合った8球目、気迫を込めたフォークで三振を奪うと右腕は拳を握りガッツポーズ。新人らしからぬマウンド度胸で、新たな「勝利の方程式」を体現して見せた。セーブを積み重ねていく栗林の姿をカープファンは熱望しているはずだ。(写真と文 デイリースポーツ・立川洋一郎)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス