文字サイズ

広島・長野の存在感…「頼れるチョーさん」全力プレーでナイン引っ張る

 10月22日の阪神戦(甲子園)で「1番・左翼」でスタメン出場した広島・長野。初回、いきなりセンター近本の頭上を越えるフェンス直撃の一打を放った。

 走るスピードを緩めることなく一塁を蹴り、二塁へ猛然と滑り込んだ。遊撃・小幡のタッチをかいくぐる微妙なタイミング。阪神・矢野監督はリクエストを要求したが、セーフの判定は覆らず、絶好の先制機を演出。後続の攻撃もつながり2点を先取したチームは一気に勢いづいた。

 長野の存在感は若鯉の成長にも刺激を与えている。石原慶の引退で、来季はカープ野手陣の最年長になることが予想されるが、「頼れるチョーさん」の全力プレーは、これからもチームの未来を切り開く大きなけん引力となるはずだ。(写真と文 デイリースポーツ・立川洋一郎)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス