文字サイズ

「ここを見てね」国技館のかわいい検温 大相撲に半年ぶり観客

 来場者の検温のために設置された「ハッキヨイ!せきトリくん」のパネル=両国国技館(撮影・伊藤笙子)
設置された「ハッキヨイ!せきトリくん」のパネルの前で検温をする来場者=両国国技館(撮影・伊藤笙子)
入場時に来場者に検温を行う係員=両国国技館(撮影・伊藤笙子)
3枚

 約半年ぶりに観客が動員された大相撲七月場所。新型コロナウイルスの感染予防のため、両国国技館も消毒用アルコールの設置や、売店にビニールシートを貼るなど、さまざまな対策がなされた。

 その中で目についたのが、入場時の検温。先日、別のスポーツイベントに行った際はフェースガードの係員に非接触式の体温計をかざされた瞬間、ワクワク感から一気に現実世界に戻されたように感じたが、国技館はひと味違った。入り口前には、日本相撲協会の公式キャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」のかわいらしいイラストが大きく描かれたパネルが。吹き出しの先には「ここを見てね」とある。よく見るとその先にサーモグラフィーカメラがあり、そこで体温をチェックする仕組みだ。

 コロナとの共存の中で、相撲観戦という“非日常”を味わってほしい-協会側のそんな思いがパネルから伝わってくる。ただ、初の試みのためうまくいかなかったのか、係員が再度検温していた…。(デイリースポーツ・伊藤笙子)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス