文字サイズ

広島・ドラ1森下が見せる癒やしの笑顔

 投手、野手とも2班に分かれて1勤1休で練習を続けるカープ。そんな中で2日に1回、写真を撮るのが楽しみな選手がいる。それはルーキーの森下。私が小学校から高校までを過ごした大分県出身で、しかも学校すべてが近所だったこともあって勝手な親近感を抱いている。

 1月の入寮時に大分弁で話しかけると、少しはにかみながら初々しく答えてくれた。あれから4カ月がたち、背番号18のユニホームが似合うカープ戦士へ変身した。マウンドで躍動する姿を早く見たい。デビュー戦を心待ちにするファンと気持ちは同じだ。

 いつ見てもいい笑顔だな…。あどけない表情を見せる森下はまさに癒やしの存在。離れたスタンドから見ているだけでも和んだ気持ちになれる。

 ナインの誰もが未経験の困難な調整が続く日々。1年目から厳しい試練に立ち向かう姿を見ていると「しんけんがんばっちょん(とても頑張ってる)よなぁ」と感心してしまう。また今日もファインダーに写る彼を応援し、シャッターを切っている。(デイリースポーツ・立川洋一郎)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス