文字サイズ

ロッテ・井上の万歳ポーズから伝わる無言のメッセージとは…

無観客で行われた楽天戦(オープン戦)の第1打席で豪快な左越えソロを放ち、スタンドに向かって万歳するロッテ・井上晴哉(右)。左は先発の種市篤暉=29日、ZOZOマリン(撮影・開出牧)
無観客のスタンドに向かって右手を高々と挙げるロッテ・井上晴哉(右)。左は先発の種市篤暉=ZOZOマリン(撮影・開出牧)
無観客のスタンドに向かって万歳ポーズを決めるロッテ・井上晴哉=ZOZOマリン(撮影・開出牧)
3枚

 無観客のスタンドに向かって万歳ポーズを決めた。ロッテの主砲・井上晴哉内野手(30)である。

 29日にZOZOマリンスタジアムで行われた楽天とのオープン戦の第1打席だった。1回二死から楽天の先発・松井から左越えに豪快なソロアーチを放った。

 ベンチ前で監督やナインとタッチを交わした井上は、いったんはベンチに足をかけたが、ヘルメットを脱ぐと、無観客の外野スタンドに向かって万歳ポーズを決めた。さらに一塁側のスタンドにも右手を高々と突き上げ、再び万歳ポーズだ。

 新型コロナウイルス感染予防のため無観客試合となったオープン戦。誰もいないスタンドに向かってパフォーマンスする姿はどこか寂しげだが、井上の表情は真剣そのものだ。

「誰も見てくれない悲しさはあった」と語ったが、いつも通りにやることで士気を高め、緊張感を維持しよう、という無言のメッセージを感じた。

 試合後も、冷え込む薄暮のグラウンドで、黙々とロングティーを打つ姿があった。地に足をつけて、開幕に備える。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス