文字サイズ

お立ち台でも「ギータ節」全開の侍ジャパン・柳田悠岐

 日米野球でも打撃好調の侍ジャパンの柳田悠岐(29)はお立ち台でもファンを楽しませてくれた。

 第1戦では劇的な逆転サヨナラ2ランを放ち「最高です。来た球を、当たる球をしっかり打つ。シンプルイズベスト!ありがと!」と興奮気味に語り、「たくさんのファンの方々に来て頂いて良かったです。本当は選手も休みなんですけど」という本音には思わず東京ドームのファンも爆笑した。

 第2戦でも左中間への2ランを放ち、MLB選抜・松井秀喜ベースコーチ(44)も「逆方向にあれだけ飛距離の出る日本人は今までいなかった」と驚き、ベンチでお祭り気分だったメジャーリーガーも意気消沈した。

 2試合で7打数5安打6打点2本塁打と驚異的な活躍で2夜連続でお立ち台に上がった柳田は「今日はリラックス、普通にいつも通りです」と冷静に語り、「土曜日の貴重なお休みに来て頂いて、皆さんのおかげで良い試合ができました」とファンへの感謝気持ちも忘れなかった。

 これからも試合の続く日米野球。主役となった柳田の「ギータ節」に注目していきたい(写真と文 デイリースポーツ・堀内翔)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス