文字サイズ

ベンチスタートの日本ハム・清宮が降雨中断中に見せたファインプレー

1日のロッテ対日本ハム22回戦の3回、降雨中断となりベンチで雨水をタオルで拭く日本ハム・清宮幸太郎=ZOZOマリン(撮影・開出牧)
1枚拡大

 日本ハム・清宮幸太郎内野手が1日、ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)の三回、降雨中断の重い空気を払拭(ふっしょく)する“プレー”を見せ、スタンドのファンを楽しませた。

 同点で迎えた三回のロッテ攻撃中に雨脚が強くなり、試合が中断した。シートがかけられたグラウンドを、雨が激しく打ちつける。中止の2文字が浮かぶほどの雨量。それでも傘を広げ、カッパを着たままゲーム再開を待ちわびる観客たち。

 雨が弱まり、空が明るくなった時だった。「アッ、面白いことやってる」という声が、どこからともなく聞こえてきた。スタンドの注目を集めたのは、三塁側の日本ハムベンチ。天井からポタポタと落ちる雨水を、タオルで一生懸命拭いている選手がいた。この日はスタメン出場はならず、ベンチを温めていた清宮だ。

 笑顔で楽しそうに拭いている。先輩たちがぬれないようにというルーキーならではの自発的な行動だったことがうかがえるが、何よりも、雨にぬれながら試合再開を待つファンを楽しませるファインプレーだった。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス