文字サイズ

【競馬】グランアレグリア 衝撃のレース 安田記念よりも印象に残る一戦とは

 昨年のマイルCSで現役を引退したグランアレグリア。ラストランは後方からメンバー最速の上がり3F32秒7を記録して突き抜けた。これがラストランとは思えない強さだった。

 通算成績は15戦9勝で、そのうちG1は6勝。この中で印象に残っているレースを挙げるなら、1番手は20年安田記念になるのだろうか。最強牝馬と言われたアーモンドアイに2馬身半差をつけて勝利したレースぶりは衝撃的だった。記者もこのレースを目の当たりにして強さを実感したが、それ以上の衝撃を受け、さらに同馬の強さを感じたのは次戦のスプリンターズSだ。

 舞台は初めての中山で、V実績のない1200メートル。レースは二の脚がつかずに後方の15番手を追走し、4角では馬群の大外を回す大味な競馬だった。記者は4角手前で負けを確信した。これはさすがに無理だろう。ただ、ここからがすごかった。エンジンがかかってから一気に加速し、ゴール前で楽に抜け出したのだ。他の馬が止まって見えたという表現があるが、まさにそれ。しかも追い込みが決まりづらい中山芝1200メートルが舞台だっただけに、そのインパクトはかなりのものだった。分かってはいたことだが、改めてこの馬の強さを実感した。

 もうひとつ印象の残っているレースがある。それは21年天皇賞・秋だ。結果は1着エフフォーリア、2着コントレイルに次いで3着。このレースはいろいろと思うところがあった。2000メートルのこのレースを勝てば1200メートル、1600メートルに続いてのG1制覇となり、3階級制覇の偉業を達成することになる。真の強さがあるグランアレグリアならできると思っていたが、ゴール前で力尽きて3着に敗れた。

 この日の芝発表は良馬場だったが、レース前に雨が降って湿った状態。道悪を苦手としているグランアレグリアにとっては決していい条件ではなかった。競馬はルメールが積極的に2番手からレースを進め、直線で伸びを欠いて3着に敗れた。あくまでもタラ・レバの世界である。同じ良でもパンパンの良馬場ならどうなっていただろうか。ルメールがいつも通りの抑える競馬をしたなら…。結果は結果として受け止めるが、いろいろと思うところがあり印象深く残っている。

 これまでのレースを振り返ると数々の思い出がよみがえるグランアレグリア。スピードの絶対値だけなら、過去の名馬を含めてナンバーワンと言っても過言ではない。記者個人としては近年、なかなか存在しなかった記憶に残る馬だった。(デイリースポーツ・小林正明)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス