文字サイズ

【競馬】兄ちゃんを超えろ!変わり身見せたケイアイロベージ

 あまりの変わり身に驚きました。14日の阪神2R(ダート1800メートル)を勝ったケイアイロベージです。デビュー戦は3着に敗れましたが、2戦目はなんと7馬身差をつける圧勝劇。出遅れて最後方からになりながらも、外へ出した3コーナーからは勢いがついて一気に加速。直線は右手前のままで楽々と突き放す圧巻の内容でした。

 半兄はダートで中央5勝を挙げたクインズサターン。ケイアイロベージも同じ野中厩舎の管理馬です。きょうだいを比較してもらいました。「ポテンシャルはサターンよりもロベージの方が高い」と野中師。さらに分析をしてもらうと「体型でいえばロベージの方がスラッとしている。生まれた時からそうだったな。その分、距離が持つ。そして、こちらの方が柔らかい」とロベージを褒めまくります。

 サターンがひがむぞ、と思いたくもなるが、ロベージも長所ばかりではないらしい。「そりゃ、セン馬やから。性格はサターンよりもロベージの方が難しい。その性格との向き合い方次第やね。ああいう大ざっぱな競馬になるのも性格」と説明してくれました。

 かつて馬術を極め、その世界では“野中賢二を知らない人はいない”と言われたほど。個人的には調教もひと味違い、敏腕トレーナーと思っている先生だ。「だから、こっちもつくりがいがあるし、面白い」。ケイアイロベージの将来が楽しみになるような言葉で締めてくれました。(デイリースポーツ・井上達也)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス