文字サイズ

【野球】藤浪、ガルシアが2軍降格した虎先発陣、過密日程で若手にチャンス

 阪神の先発ローテーションの顔ぶれが変わってきた。14日に出場選手登録抹消された藤浪に続いて、19日にはガルシアが2軍降格。これで1軍の先発陣は高橋、青柳、西勇、秋山の4人となった。

 先発不足の中、白羽の矢が立ったのはベテラン2人だ。20日・中日戦(ナゴヤドーム)は38歳中田、21日・DeNA戦(甲子園)は36歳岩田がそれぞれ今季初先発する予定だ。ファームでは安定した成績を残している。中田は2軍で6試合に登板し1勝3敗、防御率3・49。岩田は8試合で1勝3敗、防御率3・00。ベテランらしく試合を作り、1軍での出番を待っていた。

 2人以外に今月ファームの実戦では才木、斎藤、横山、高野、呂彦青、牧、川原、西純の8人が先発マウンドに立った。故障明け、育成選手、外国人選手、新人、若手有望株など、それぞれ立場は異なるが、1軍昇格の機会をうかがっている。

 支配下返り咲きを狙う横山は12試合で防御率1・98と好投を続け、右肘痛から実戦復帰した才木も5試合で防御率3・38。ドラフト1位西純(創志学園)はここまで6試合で2勝1敗、防御率2・16の成績を残す。高卒1年目。試行錯誤しながらも、着々と力を付けている印象だ。

 今季1軍でプロ初先発したのは2年目の斎藤1人だけ。10日・DeNA戦(横浜)の結果は3回3安打2失点だったが「2軍でできていたことが1軍でできないところがあった。それも1軍なのかなと思いながらも、課題が明確になった」と1軍の舞台で大きな財産を得たようだ。

 10月は31日間で28試合を戦う。藤浪、ガルシアの穴だけでなく、ローテの谷間も生まれるはずだ。過密日程を追い風にして、1軍先発切符をつかみたい。(デイリースポーツ杉原史恭)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス