文字サイズ

【野球】CS最終S 巨人-阪神 主力選手の相性は?対戦成績をデータで振り返る

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕する。セ・リーグはリーグ優勝した巨人とシーズン3位からファーストステージを突破した阪神の対戦。両チームの今季成績を比較する。※レギュラーシーズン成績の()内数字はリーグ順位

 レギュラーシーズンでのカード勝敗数は巨人15勝、阪神10勝。両チームのレギュラーシーズンのチーム成績は以下の通り

【巨人】

打率=・257(2位)

本塁打=183(1位)

得点=663(1位)

盗塁=83(2位)

防御率=3・77(4位)

失点=573(3位)

失策=72(3位)

【阪神】

打率=・251(4位)

本塁打=94(5位)

得点=538(6位)

盗塁=100(1位)

失点=566(2位)

防御率=3・46(1位)

失策=102(6位)

 続いて両チームの対戦成績

【巨人】

打率=・257

本塁打=31

得点=112

盗塁=15

防御率=3・00

失点=81

失策=13

【阪神】

打率=・247

本塁打=20

得点=81

盗塁=18

防御率=4・05

失点=112

失策=17

 リーグ1位の防御率を誇る阪神投手陣だが、巨人戦には分が悪い。続いて主な巨人選手の阪神戦成績は

【亀井】

打率・333、1本塁打、4打点

【坂本勇】

打率・258、5本塁打、11打点

【丸】

打率・283、8本塁打、19打点

【岡本】

打率・260、6本塁打、19打点

【ゲレーロ】

打率・286、3本塁打、12打点

【山口】

3試合2勝1敗、防御率3・54

【メルセデス】

2試合2勝、防御率1・80

【菅野】

5試合1勝1敗、防御率6・04

 ちなみに今季限りでの引退を表明している阿部は打率・409、0本塁打、3打点

 一方、主な阪神選手の今季巨人戦成績は

【近本】

打率・245、0本塁打3打点9盗塁

【福留】

打率・365、4本塁打、8打点

【マルテ】

打率・339、3本塁打、8打点

【大山】

打率・205、2本塁打、10打点

【糸原】

打率・259、0本塁打、9打点

【鳥谷】

打率・429、0本塁打、2打点

【西】

5試合0勝2敗、防御率2・70

【ドリス】

9試合1勝2セーブ2ホールド、防御率0・00

【藤川】

10試合1勝5セーブ1ホールド、防御率0・00

 ちなみに阪神の東京ドームでのチーム成績は

打率=・240

本塁打=12

得点=48

盗塁=8

防御率=5・76

失点=74

 東京ドームに限れば巨人が8勝5敗で勝ち越し。また、両チームが過去にCSで対決したのは2010年のファーストS(巨人2勝)、14年のファイナルS(阪神4勝、巨人はアドバンテージの1勝)、15年ファーストS(巨人2勝、阪神1勝)。今回の宿敵対決はいかに。(デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス