文字サイズ

土性沙羅が銅メダルかけて敗者復活戦へ 1回戦敗退も対戦の米国選手が決勝進出

 女子68キロ級1回戦 米国のタミラマリアナ・ストックメンサ(左)にテクニカルフォール負けした土性沙羅
 女子68キロ級1回戦 米国のタミラマリアナ・ストックメンサ(右)にテクニカルフォール負けした土性沙羅
 女子68キロ級1回戦で敗れ引き揚げる土性沙羅
3枚

 「東京五輪・レスリング女子フリースタイル68キロ級」(2日、幕張メッセAホール)

 16年リオ五輪覇者の土性沙羅(26)=東新住建=が3日の敗者復活戦に出場することが決まった。

 土性に1回戦で勝ったタミラマリアナ・ストックメンサ(米国)が、この日夜の準決勝でチェルカソワ(ウクライナ)を下して決勝進出を決めたため、観客席からこの試合を見守っていた土性に再び、マットに上がるチャンスが巡ってきた。

 まさかの初戦完敗だった。強敵のストックメンサ(米国)との対戦は、開始直後にタックルで2ポイント奪われると、さらにローリング2ポイントを失った。開始2分にも再びタックルを浴び、2度のローリングで計6ポイントを失い、0-10で無念のテクニカルフォール負けとなっていた。

 土性は試合後、「19年に世界選手権で負けた相手。タックルに入られたら、切るのが難しい。タックルに入られないように意識したが、強かったです」と完敗を認めたうえで、「敗者復活に上がれれば、死に物狂いで戦いたい」と銅メダル獲得へ気持ちを切り替えていた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス