文字サイズ

シャウフェレが逃げ切り金「本当に最高だ」祖父母が住む東京で「五輪は特別」実感

 「東京五輪・ゴルフ男子・最終日」(1日、霞ケ関CC=パー71)

 最終日が行われ、ザンダー・シャウフェレ(米国)が通算18アンダーで金メダル。ローリー・サバティーニ(スロバキア)が銀メダル、プレーオフを勝ち抜いた潘政琮(台湾)が銅メダルを獲得した。

 シャウフェレがしぶとく逃げ切り、金メダルに輝いた。祖父母が東京都内に住むなど縁のある日本で、誇らしそうにメダルを手にし「五輪は特別だと聞いていたが、表彰式に出て実感できた。本当に最高だ」と感慨に浸った。

 四つ伸ばした前半とは一転、重圧からか後半はパー5の14番で1打目を右に大きく曲げてボギーをたたくなど失速。一時は猛追してきたサバティーニに並ばれたが、17番で2・5メートルのバーディーパットを沈めて振り切った。

 4月のメジャー、マスターズ・トーナメントで、優勝した松山と同組で回って競り負けた雪辱を果たした。「最後まで冷静にプレーできた。メダルやお金は結果的なものだが、とにかく勝利が欲しかった」と破顔した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス