文字サイズ

ハン・セイソウが銅 激闘4Hの7人プレーオフ制し「本当にクレイジーだった」と笑顔

銅メダルをかけたプレーオフを制し、水をかけられるハン・セイソウ=霞ケ関CC
 銅メダルをかけたプレーオフを終えて他の選手とタッチを交わす松山英樹(撮影・堀内翔)
優勝したザンダー・シャウフェレ(右)と健闘をたたえ合う松山英樹=霞ケ関CC
3枚

 「東京五輪・ゴルフ男子・最終日」(1日、霞ケ関CC=パー71)

 一打差の2位でスタートした松山英樹(29)=LEXUS=は5バーディー3ボギーの69で回り、通算15アンダーの3位タイでホールアウト。実に7人による銅メダルを懸けたプレーオフに回ったが、1ホール目でボギーとし、メダルを逃した。ザンダー・シャウフェレ(米国)が通算18アンダーで金メダルを獲得。ローリー・サバティーニ(スロバキア)が銀メダル。プレーオフを勝ち抜いたハン・セイソウ(台湾)が銅メダルを獲得した。

 五輪ならではの死闘となった。銅メダルを懸けて争ったのは15アンダーで並んだ7人。通常のツアーではありえない3位を決める大一番には、マスターズ覇者で日本の顔である松山に、マキロイやモリカワといった強豪が揃った。最初は4人と3人の2組に分かれて始まったプレーオフ。4ホールに渡った激闘を制したハンは「あんなに多くとプレーオフをしたことはない。結構クレイジーでしたよね」と、ちょっぴり疲れた表情で笑った。

 初日を74の3オーバーで終え、銅メダルに輝くことは考えてなかったという。「まさかの銅メダル。初日を考えると、今日みたいな日がくることは想像できなかった」。プレーオフでは強豪を撃破し「世界ランク10位以内の選手がいた中で、200位の私が…」と驚きを隠せない。この日は妻がキャディーを務めたそうで「1つ1つのショットをしっかり決めていこうと思っていた。妻とジョークを交わしながら、ムードが重たくならないようにした」と、愛の力を強調。最後に再び「プレーオフは本当にクレイジーだった」と、笑った。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス