文字サイズ

柔道 穴井隆将氏の熱血解説にネット注目「うそ、うそ…」「何で取らない!」

混合団体準決勝男子73キロ級 ROC選手(上)に一本勝ちした大野将平=日本武道館
混合団体準々決勝男子73キロ級 ドイツ選手に敗れた大野将平=日本武道館
2枚

 「東京五輪・柔道混合団体・準決勝」(31日、日本武道館)

 日本はROCを先鋒からの4連勝で圧倒し、決勝進出。銀メダル以上を確定させた。

 白熱する団体戦。NHK・Eテレで解説を務めた穴井隆将氏のボルテージもヒートアップした。

 準々決勝の大野将平が同級のイゴール・バントケに残り20秒で技ありを取られると、実況の「大野が危ない!」の叫び声とともに、穴井氏は驚きを隠せず「うそ、うそ、うそ、うそ、うそ…」と連発。残り10秒になると、「打て、打て、打て、一発、一発…」と祈るようにつぶやいたが、逆転できなかった。だが、そこから一気の4連勝。「よく頑張ったウルフ!」と興奮する一方で「解説になっていなかった」と反省した。

 だが、準決勝では再び、向翔一郎が繰り出した投げ技の判定に「技あり!何で取らない」などと言葉が漏れた。ネットでは「松木安太郎さんみたいで面白く好き」、「穴井さん熱くなる」、「嘘だろおい!とか面白い」など好反応だった。

 穴井氏は現役時代は100キロ級。2010年の世界選手権で金メダルを獲得するなど日本代表としても活躍し、14年から天理大柔道部の監督に就任した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス