文字サイズ

先陣の阿部詩 階級上のドイツ選手に指導3つで反則負け 大野将平もまさかの敗戦

混合団体準々決勝女子57キロ以下 ドイツ選手(手前)に敗れた阿部詩=日本武道館
混合団体準々決勝女子57キロ以下 ドイツ選手(右)に敗れた阿部詩=日本武道館
混合団体準々決勝女子57キロ以下 ドイツ選手(上)を攻める阿部詩=日本武道館
3枚

 「東京五輪・柔道混合団体・準々決勝」(31日、日本武道館)

 日本はドイツと対戦。先陣の女子57キロ以下では、52キロ級金メダリストの阿部詩(21)=日体大=が登場し、指導3つを取られて反則負けを喫した。

 階級の重い57キロ級のテレザ・シュトールに苦戦。ビデオ判定の末に3つ目の反則を取られ、先手を許した。続く大野将平もまさかの敗戦。連敗で追い込まれた。

 今大会新種目の混合団体は、男女3人ずつ6人のチーム戦で、男子73キロ級、90キロ級、90キロ超級、女子57キロ級、70キロ級、70キロ超級で戦う。

 初戦のドイツ戦は、男子が大野将平(旭化成)、向翔一郎(ALSOK)、ウルフ、女子は阿部詩、新井千鶴(三井住友海上)、素根輝(パーク24)というメンバーで臨む。

 厳しい戦いとなったが、新井から4選手が奮起し、4連勝。冷や汗の逆転勝ちだった。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス