文字サイズ

ウルフ・アロン涙の金「自分を信じた」韓国選手との激闘を制す「最高です」

金メダルを獲得して号泣するウルフ・アロン=日本武道館(撮影・堀内翔)
男子100キロ級決勝 韓国の趙グハム(右)と対戦するウルフ・アロン=日本武道館
男子100キロ級決勝、韓国の趙グハム(右)と対戦するウルフ・アロン=日本武道館
3枚

 「東京五輪・柔道男子100キロ級・決勝」(29日、日本武道館)

 ウルフ・アロン(25)=了徳寺大職=は趙・グハム(韓国)に延長の末に鮮やかな一本勝ちを飾り、金メダルを獲得した。初の五輪で同級では井上康生監督以来、21年ぶりの快挙となった。

 畳を降りると、男泣き。「僕の泥臭い柔道を貫いて勝つことができ、良かったです。練習量、その部分は誰にも負けない自信があった。接戦になれば持ち味が生きると、自分を信じていた」と、涙をぬぐった。

 苦しい闘いを制した。延長9分21秒、豪快な足技で一本勝ち、勝負を決めた。「試合に勝てればいい、と。こういう形になったが、どういう形でも勝てればいいと思っていた」と振り返った。

 同階級では、現日本代表の井上康生監督が00年シドニー五輪で優勝して以来となる金メダル。「支えてくれた全ての人、全ての人に感謝したい。井上先生が取ってから、20年以上なかった。取り返してやろうと思っていた。最高です」。奪回を誓った東京五輪の舞台で、勝負強さを発揮した。

 ◆ウルフ・アロン 1996年2月25日生まれ。東京都出身。17年の世界王者。米国出身の父と日本人の母を持つ。趣味は料理。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス