文字サイズ

瀬戸大也「腹くくった」勝負のレースプラン変更で決勝進出 失速の反省生かす

 レース後、笑顔でインタビュー答える瀬戸大也(撮影・高部洋祐)
 ガッツポーズを決める瀬戸大也(撮影・高部洋祐)
 レース後、笑顔で引き揚げる瀬戸大也(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・競泳男子200m個人メドレー・準決勝」(29日、東京アクアティクスセンター)

 19年世界選手権で200メートル、400メートル2冠の瀬戸大也(TEAM DAIYA)が今大会初めて決勝に進出した。

 1分56秒86で組2着に入り、全体3位で決勝進出を決め、今大会初のガッツポーズをみせた。

 前半を55秒32とスローペースで折り返し。だが、これは計算通りだった。「レースプランを変えた。今はこういうレースプランが合っている」と瀬戸。失速を繰り返していた今大会の反省から、「昨日は前半空回り。最初の100を落ち着いて入って、最後スパートをかけた」と明かした。

 金メダルが期待された400メートル個人メドレーで予選落ち。切り替えて臨んだ200メートルバタフライでも準決勝で敗退した。いずれも後半が伸びず、沈んでいた。

 個人3種目にして意地をみせた。レースプラン変更に「怖いですけどね」「今ある力を出し切りたいと、腹をくくった。初日からそうですが、明日も納得いくレースができたら」と、30日の決勝に視線を向けた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス