文字サイズ

五十嵐カノアは銀メダルに涙「本当に悔しい」家族の話題に言葉詰まる

 銀メダルを獲得して関係者と祝福しあう五十嵐カノア(撮影・堀内翔)
 2位に終わった五十嵐カノア(撮影・堀内翔)
 銀メダルを手にする五十嵐カノア(撮影・堀内翔)
3枚

 「東京五輪・サーフィン男子・決勝」(27日、釣ケ崎海岸サーフィンビーチ)

 東京五輪新種目のサーフィンで五十嵐カノア(23)=木下グループ=は19年の世界チャンピオンであるイタロ・フェレイラ(ブラジル)に敗れ、銀メダルを獲得した。

 目指してきた初代五輪王者まであと一歩だった。準々決勝後は「力は大切な所に使う。30分の中で、波に乗る時に100パーセントを出すという作戦」と意気込んでいた。だが、台風8号の影響で荒れ狂う波に苦戦した。

 銀メダル獲得にも悔しさを隠せず、「本当に悔しい。ここまでファイナルまできていい感じにまとまっていたところで。金メダルをとりたかった。チャンスがなかったのは本当に悔しい。このスポーツはそういうこともある」と落胆。続けて「みんなの応援で力をもらってメダルを獲ったことはうれしいけど、もう少しほしかった。リズムが見つけられなかった。プランが合ってなかったのかな」と振り返った。

 試合が終わると、悔しさがこみ上げながらも、海に座礼。「悔しかったけど、悔しい中でも有りがたいと思って。海の神様にありがとうと言った。4年間の準備があった。ここまでよくやったなと自分でも思いました」と、充実感もにじませた。

 日本人の両親のもとで、米国で生まれた。カノアはハワイ語で自由の意味で、ハワイでは多くみられる名前。父・勉さんがいつかサーフィンの聖地で認められるサーファーになるようにと名付けた。家族の話題になると涙を浮かべ、「この近くに家族もいて、小さい頃からサポートしてくれたことは一生ありがたいので…」と言葉を詰まらせた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス