文字サイズ

五十嵐カノアとは 15歳で高校卒業、5カ国語を話す 競技開始は3歳にハワイで

 銀メダルを獲得した五十嵐カノア(撮影・堀内翔)
 銀メダルを獲得して関係者と祝福しあう五十嵐カノア(撮影・堀内翔)
 2位に終わった五十嵐カノア(撮影・堀内翔)
3枚

 「東京五輪・サーフィン男子・決勝」(27日、釣ケ崎海岸サーフィンビーチ)

 東京五輪新種目のサーフィンで五十嵐カノア(23)=木下グループ=は19年世界チャンピオンのイタロ・フェレイラ(ブラジル)に敗れ、銀メダルを獲得した。

 五十嵐カノア・メモ

◆家族

 父・勉さん、母・美佐子さん、弟・キアヌ

◆生まれ

 1997年10月1日。米カリフォルニア州サンタモニカ出身

◆サイズ

 180センチ、77キロ

◆競技開始

 3歳でハワイの波

◆拠点

 世界的に有名な米カリフォルニア州・ハンティントン・ビーチ。幼少期から腕を磨く

◆経歴・所属

 16年にプロ最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)に初参戦。日米両国籍を持っており、18年に日本代表として戦うことを選択した。19年5月の第3戦コロナ・バリ・プロテクテッド(インドネシア)でCTをアジア人で初めて制覇。同年の年間CTランクは自己最高の6位。木下グループ所属

◆名前の由来

 「カノア」はハワイ語で「自由」の意味。父・勉さんが「ハワイアンにも(現地出身かどうか)分からないぐらいになってくれたら」とつけた。弟の「キアヌ」はハワイ語で「(山からの)清々しい風」の意味

◆父の英才教育

 トップアスリートにさせるべく、父・勉さんは幼少期からイチローら世界のトップ選手の試合を見せた。

◆背番号

 CTの背番号は「50」。「名字の五十嵐」、「ハワイは米国の50番目の州」、「ゴーカノア」とかけられている。東京五輪の背番号は選べなかったが、奇跡的に「5」を引いた

◆頭脳明晰

 15歳で高校を卒業。日本後、英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の5カ国語を話す。好きな言葉はポルトガル語の「Liberdade」。英語では「Freedom」。日本語では「自由」で、名前「カノア」の意味。

◆夢はロールモデル

 夢は「サーフィンのトップ」ではなく「アスリートのトップ」。自身のロールモデルはサッカーのデービッド・ベッカム

◆健康志向

 飲酒はしない。ジャンクフードは調子が悪くなるので好まない。

◆勝負飯

 両親の作るチキンカツ

◆意外な友人

 ラッパーのヤング・ピンチが(Yong Pinch)が友人

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス