文字サイズ

五十嵐カノア「一生忘れない」土壇場で大技、劇的大逆転で銀以上確定

 決勝進出を決め、笑顔を見せる五十嵐カノア=釣ケ崎海岸サーフィンビーチ
 準々決勝を終え、米国のコロヘ・アンディノ(左)と健闘をたたえ合う五十嵐カノア。準決勝進出を決めた=釣ケ崎海岸サーフィンビーチ
2枚

 「東京五輪・サーフィン男子・準決勝」(27日、釣ケ崎海岸サーフィンビーチ)

 東京五輪新種目のサーフィンで金メダル候補の五十嵐カノア(23)=木下グループ=が、プロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)1位のガブリエウ・メジナ(ブラジル)を大逆転で撃破し、決勝に進出。五十嵐が17・00、メジナが16・76の大接戦を制し、銀メダル以上が確定した。

 終盤、空中に飛び出し360度回転する大技、「エアリバース」を決め、着地を決めて両手を広げてアピール。9・33のエクセレントスコアで劇的大逆転を決めた。

 五十嵐は「プレッシャーがかかる時にあの技を出せてうれしい。一生忘れない。(決勝の)最後の35分は100%の力で自信を持っていきます」と語り、決勝へ視線を向けた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス