文字サイズ

13歳の金メダリスト西矢「うれしい」と初々しく語る 最年少記録も意識

女子ストリート決勝 演技後に喜ぶ西矢椛。金メダルを獲得した=有明アーバンスポーツパーク
女子ストリート決勝 演技後、ガッツポーズの西矢椛。金メダルを獲得した=有明アーバンスポーツパーク
2枚

 「東京五輪・スケートボード女子ストリート・決勝」(26日、有明アーバンスポーツパーク)

 西矢椛(13)が金メダルを獲得。バルセロナ五輪の競泳・岩崎恭子(当時14歳)を超え、日本五輪史上最年少での快挙を成し遂げた。

 金メダル獲得を決め、涙を流した西矢は「うれしいです。なんか途中まで勝てないと思ってたけど、励ましてくれてのれてうれしかったです」と初々しく語り、「他のひとも応援してくれている。最後まであきらめずにやろうと」と語った。

 スケボーの魅力について「みんな『おお』とか言ってくれるから楽しい。最新記録、それがうれしい」と、岩崎恭子の記録を意識していたことも明かした。

 西矢は大阪府出身の13歳(2007年8月30日生まれ)。今年6月の世界選手権で2位に入るなど、急成長を遂げた。今大会では一気に表彰台を狙う存在として注目されていたが、本番で最高の演技をみせ、ガッツポーズを見せた。金メダルが決まると、何度も涙をぬぐった。

 国際舞台で活躍する中山楓奈(16)が銅メダル。17年Xゲームで日本人初優勝を成し遂げた西村碧莉(19)を含め、決勝には10代の3選手が出場した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス