文字サイズ

ソフト宇津木監督が上野に最敬礼「投げていただいている」「ここ一番は上野しかない」

 試合後に話し込む上野由岐子と宇津木麗華監督(撮影・堀内翔)
 5回途中降板する上野。左は宇津木監督(撮影・堀内翔)
 4回、2ランを放ち宇津木麗華監督と抱き合う藤田倭(撮影・堀内翔)
3枚

 「東京五輪・ソフトボール・1次リーグ、日本8-1オーストラリア」(21日、福島県営あづま球場)

 08年の北京大会以来13年ぶりに五輪競技に復活したソフトボールで連覇を狙う日本が五回裏の攻撃で8-1と7点差をつけ、コールドで白星発進を決めた。

 先発で13年ぶりに五輪のマウンドに立った上野由岐子は4回1/3を1失点と力投。北京大会優勝の立役者を先発起用した理由を、宇津木麗華監督は「20年間以上、自分の下で上野に投げていただいている。投げてくれている、じゃなくて、投げていただいている」と上野の役割について表現した。「今回、東京五輪、自分の中で上野を一番最初にスタートさせる。あと経験も一番ある。ここ一番は上野しかないと思っていた」と説明し、「上野がマウンドに立つとき、心の中ですごくうれしくて、涙もあって。上野の成長を18歳から彼女のそばで見ている人は自分が一番多いんじゃないかなって、本当に感無量ですね。うれしいです」と喜んだ。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス