文字サイズ

羽生 完ぺき3A「アクセルに懸ける思いはたぶんみんなが想像できないところ」

SPの演技を終え、満足げな表情を見せる羽生結弦=江陵(撮影・高部洋祐)
2枚

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 右足の負傷から3カ月を経ての復帰戦で、66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=はすべてのジャンプを成功させ、世界に衝撃を与える復活劇で、111・68点とSP首位発進を決めた。

 「アクセルに懸ける思いはたぶんみんなが想像できないところにある」-。

 以前、羽生はそう話したことがある。連覇という使命に加え、ケガ明けのぶっつけで挑むことになった重圧の掛かるSP。他の選手との格の違いを見せつけたのは、そのアクセルだった。後半の1発目のジャンプ。高く、そして飛距離のトリプルアクセルを軽やかに着氷。出来栄え点(GOE)は上限マックスの3点。ジャッジ9人全員が3点をつけるまさに完ぺきなジャンプだった。SPでトリプルアクセルは必須要素。それぞれしっかり着氷させた2位フェルナンデスのGOEは2・43点、3位の宇野は0・71点、4位の金は2・14点。どれだけ羽生のジャンプが完ぺきだったかが分かる。

 すべてのジャンプの中で唯一前向きに踏み切り、恐怖心を伴うアクセルは苦手とする選手が多い中、「何よりも僕がスケートをここまで好きになってこれたのは、アクセルのおかげだし、アクセルがなかったら僕は全日本ノービスでも優勝できなかった。こんなに自信をもってスケートをすることはできなかったかもしれない」と話すほど熱いアクセル愛を持つ羽生。パーフェクトに決めた宝刀が、完全復活を告げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    五輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス